寺子屋ライブvol.5坂岡嘉代子さん『命の鼓動を響かせろ~一人にはひとりの光がある~』音声データ(terakoya05_sakaoka.mp3)

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(141526230 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

2012年8月22日に開催した寺子屋ライブを収録した音声ファイルです。
※広い会場で収録していますので、ノイズにより聞き取りづらい箇所もございますが、ご了承願います。

福井県のはぐるま太鼓のパフォー マンスと代表坂岡嘉代子さんの講演会。
<和太鼓はぐるまプロフィール>
親子の駆け込み寺として開設された「はぐるまの家」(坂岡嘉代子代表)のメンバーで結成された和太鼓グループ。
88年プロデビュー後、芸術祭やチャリティーコンサートなど各地で公演。また、アメリカ・ドイツ・スイスなど海外公演も多数。2003年法務大臣賞受賞。

<プロフィール>坂岡嘉代子(さかおか・かよこ)
和太鼓を通じ、ろうあ者や突っ張り少年たちを導くカウンセラー。
現在、「はぐるまの家」で非行から立ち直りを目的とした少年少女たちと共同生活を送る。
「一人一人光がある。おちこぼれなんて一人もいない。自分の光を自分で見つけ、自分で光る」の信条で、青少年育成に尽力している。
1946年福井県今立町に双子として生まれる。
16歳にて脳脊髄膜炎発病以来、青春を闘病生活に生きる。
点字、手話などを習得。県手話通訳のグループに属する中、和太鼓グループを結成。
88年には「和太鼓はぐるま」として、プロデビューさせ、90年親子の駆け込み寺として「はぐるまの家」を開設。
2003年武生市(2005年10月より越前市)人権擁護委員会に任命され、2006年には中日社会功労賞を受賞する。